子供が入学した時に必要なハンコ

子供イメージ

親であれば何度か経験する子供の入学。
様々な書類が必要になりそうですし、確認用の印鑑も用意しておいた方がよさそうです。

では子供が学校に入学する時に必要なハンコはどのような物があるのでしょうか。

シャチハタと認印を用意

入学時に必要な書類としては、義務教育な小学校や中学校は役所から入学通知書が届きます。
受験をして私立の場合はまた違いますが、普通の小中学校でしたらその通知に従って入学します。

入学日に持っていく書類なので特に印鑑などはいりませんが、記載されている事に間違いがあればすぐに役所に伝えて訂正しましょう。

この入学通知書はめくるタイプのはがきでくる場合もありますし、他の書類や案内を同封した封書の場合もあります。
地域によって違うみたいですので、同封の書類にもしかしたら印鑑が必要な書類が入っている場合があるので注意しましょう。

入学に関する公的な書類であれば認印を使った方が無難です。
シャチハタのようなゴム印は押印してから長く持ちません。
印面が崩れて押印が確認できなくなるので、公的な書類では朱肉と認印を使って押印しましょう。

シャチハタは入学後の方が使う

シャチハタは入学してからの書類に良く使いそうです。
確認用の書類が増えてきますので、その時に見たという確認さえできれば十分ですのでシャチハタで大丈夫です。

地域や学校、先生によって書類も変わってきますし、もしかしたら確認用だけどシャチハタではダメだという先生もいるかもしれません。
周りの親御さんともコミュニケーションをとっておいて、わからなければ聞ける体制を作っておきたいですね。

ページの先頭へ