学校では年間通してハンコが活躍

印鑑イメージ

学校では年間通してハンコが使われます。
学校に関係する人それぞれが、あらゆる場面でハンコを使って確認したり、書類のやり取りをしています。

もしかしたら社会に出て働き始めてからの方がハンコを使わなくなるかもしれません。

子供が必要なハンコ

子供が学校でハンコが必要になる場面を考えてみました。
先生から書類を渡され、家でハンコを貰ってくるように言われる場面、連絡帳を持って帰り親に見せる場面。

学校では行事ごとが一年通じてたくさんありますので、そのたびにハンコが必要だったりしますね。
健康診断だったり、修学旅行、文化祭、体育祭だったり。

学校内や近くで行われる行事だと特に印鑑はいりませんが、遠出する場合には必要ですね。

まぁ親への確認という意味あいが多いので、子供自身がハンコを使う場面ではないのかもしれませんが、たくさんのハンコを使う場面が考えられますね。

先生が必要なハンコ

学校の先生は書類仕事も多いのでハンコを使う場面が多いんじゃないでしょうか。
校内の確認書類、通っている子供の家族への連絡書類、宿題などの提出物、たくさんありそうです。

イメージ的にはゴム印を各種そろえていて、用途によって使い分けているイメージです。
小さい子供への添削は可愛いスタンプを使ったり、もしくは手書きで花丸とかもやりそうです。

学校では多くのハンコが使われる

このように学校では多くの場面でハンコや印鑑、スタンプなどが使われていますね。
学校は確認事項が多いので、それに伴ってハンコが使われる場面も多くなっている印象です。

ページの先頭へ